更新日:2021年8月27日

新型コロナウイルス感染症 第5波の徹底的な抑え込みに向けた愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ

~これまでにない最大の危機を乗り越えるために~

 デルタ株が猛威を振るう新型コロナウイルス感染症「第5波」の大きな影響を受け、東海3県では、新規感染者数がこれまでにない勢いで増加し、過去最高を連日更新するなどの頂上が見えない感染拡大となり、自宅療養者数が増加するなど、大変厳しい状況となっています。こうした状況を踏まえ、東海3県知事は、国に対して早期の緊急事態宣言の発出を要請し、東海3県すべてに対して8月27日から9月12日まで、17日間の緊急事態宣言が発出されました。
 東海3県が面的な対応により、過去最大の波を徹底的に抑え込むため、医療・検査体制の確保、ワクチン接種の加速化など、感染拡大防止に全力で取り組んでまいります。皆様におかれましては、これまで以上に感染防止対策の徹底にご協力をお願いいたします。

 

県民の皆様へのお願い

〇不要不急の行動の自粛徹底
・感染力の強いデルタ株などの変異株を厳重に警戒し、生活に必要な場合を除き、日中も含め、外出の自粛をしてください。特に、人出の半減を目指して、混雑した場所等への外出、20時以降の外出の自粛を要請します。
・路上や公園、河川敷等における集団での飲酒やバーベキューなど、感染リスクの高い行動は自粛をしてください。

〇基本的な感染防止対策の徹底
・熱中症予防とコロナ対策を両立しながら、換気の徹底・マスク着用・手洗い・手指消毒、人との距離の確保及び体調の管理など基本的な感染防止対策により「感染しない、させない」を徹底してください。
・会食・飲食する際は、感染対策が十分講じられたお店で、少人数・短時間で、会話をする際はマスクの着用を徹底してください。

〇東京2020パラリンピック競技大会期間中の感染拡大防止対策
・パラリンピックの期間中は、東京都をはじめとする開催地域への移動の自粛を強くお願いします。やむを得ず移動する場合は、目的地との直行・直帰など感染防止対策の徹底をお願いします。
・パブリックビューイングなど、飲食店等において家族以外と大人数で集まり飲食・飲酒しながら大声で声援するなどの観戦方法は、感染リスクが高まりますので、やめていただくようお願いします。

 

事業者・施設管理者の皆様へのお願い

・3県知事からの休業要請又は営業時間短縮要請等の遵守をお願いします。
・全ての施設で、業種別の感染拡大予防ガイドラインや、3県知事から地域の特性に応じて個別に依頼している対策も踏まえて、実効性のある感染防止対策をお願いします。
・出勤者数の7割削減を目指すことも含め、接触機会の低減に向け、休暇取得の促進やテレワーク、ローテーション勤務の徹底をお願いします。また、事業の継続に必要な場合を除き20時以降の勤務を抑制するようお願いします。

ワクチン接種の加速化のために

・市町村の集団接種・個別接種に加え、各県の大規模接種、企業等の職域接種などにより、若い世代や現役世代、妊産婦の方々を含め、より多くの方にワクチン接種を受けていただけるよう取り組んでまいりますので、希望される方は、できるだけ早く接種をお願いします。
・市町村による接種券の早期発送や市町村・企業等によるVRSへの迅速な登録を呼びかけるなど、引き続き、3県が連携してワクチン接種の加速化に取り組んでまいります。
・SNSなどで科学的根拠に基づかない情報等が広がる事例がみられることから、引き続きワクチンに関する正しい情報が若い世代をはじめとした皆様へ、広く届くよう情報発信に取り組んでまいります。

偏見・差別のない社会をつくるために

・感染者自身のほか、感染者が発生した団体に属する人、医療従事者、県外から帰省された方等に対する差別・偏見、さらにSNSやうわさ話などデマによるいわれのない差別・偏見は絶対に行わないようにしましょう。
・ワクチン接種は、希望者の同意に基づき行われるものであり、職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に対する誹謗中傷、偏見や差別につながる行為は絶対に行わないでください。

 

2021年8月26日

       愛知県知事 大村 秀章
       岐阜県知事 古田 肇
       三重県知事 鈴木 英敬

 

愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ [PDFファイル/228KB]

 

 

「第5波のピーク抑制に向けて、県境を越える移動の自粛徹底を!」 愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ

デルタ株による最大の感染の波にさらされています 

 首都圏に端を発した「第5波」は、ここ数日の間に、愛知県、三重県では過去最多の、岐阜県では第4波の渦中にあった5月中旬レベルの感染者を確認するまでに至っています。
 「第5波」では、デルタ株への置き換わりが進む中、帰省、旅行、出張など県境を越える行動歴のある感染者が多くなっています。「お盆」の時期を迎えている今こそ、「人流の抑制」、「県境を越える移動の自粛徹底」を、県民及び事業者の皆様へ改めて強くお願い申し上げます。

 

県民の皆様へ

・帰省や旅行など県外への不要不急の移動は自粛の徹底をお願いします。特に、緊急事態措置区域及びまん延防止等重点措置区域との往来は徹底的に避けてください。
・感染防止対策の基本を改めて確認し、換気・マスク着用・手洗い・手指消毒、人との距離の確保、体調管理など「感染しない、させない」取組みを徹底してください。
・会食・飲食に関しては、特に、お盆の時期に多い「親戚同士の会合」や「同窓会」など普段会わない方々との間では控えるよう、心掛けてください。
・路上や公園、河川敷等においても、集団での飲酒やバーベキューなど、感染リスクの高い行動は自粛を徹底してください。

 

事業者の皆様へ

・県外への移動を伴う出張等については、今一度必要性を検討し、リモート会議等の活用をお願いします。やむを得ず出張される場合も、人混み、会食等の感染リスクの高い場は避けてください。

 

2021年8月12日

       愛知県知事 大村 秀章
       岐阜県知事 古田 肇
       三重県知事 鈴木 英敬

 

愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ [PDFファイル/154KB]

 

新型コロナウイルス感染症 夏のリバウンド阻止に向けた愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ

 県民の皆様、事業者の皆様のご協力により、東海3県では、岐阜県・三重県においては6月20日をもって、愛知県においても7月11日をもって「まん延防止等重点措置」がそれぞれ解除されました。
 しかしながら、東京都の新規感染者数は、増加傾向を示しており、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会や、人流の増加が見込まれる夏休みやお盆に向けては、引き続き、感染防止対策を徹底していく必要があります。
 東海3県は一体となって、リバウンド阻止に取り組んでまいりますので、皆様のご協力をお願いいたします。

東京オリンピック・パラリンピック、夏休みやお盆期間中は特に慎重な行動を

 ・東京オリンピック・パラリンピックの期間中は、東京都をはじめとする開催地域への移動は慎重に検討してください。やむを得ず移動する場合は、目的地との直行・直帰など感染防止対策の徹底をお願いします。
 ・パブリックビューイングなど、飲食店等において家族以外と大人数で集まり飲食・飲酒しながら大声で声援するなどの観戦方法は、感染リスクが高まりますので、避けていただくなど、きわめて慎重な検討をお願いします。
 ・夏休みやお盆期間中の県外への不要不急の旅行や帰省などについては、慎重な検討をお願いします。特に、生活の維持に必要な場合を除き、緊急事態措置区域及びまん延防止等重点措置区域への往来自粛をお願いします。

基本的な感染防止対策の徹底

県民の皆様へ

 ・熱中症予防とコロナ対策を両立しながら、換気の徹底・マスク着用・手洗い・手指消毒、人との距離の確保及び体調の管理など基本的な感染防止対策により「感染しない、させない」を徹底してください。
 ・三つの「密」(密閉、密集、密接)が重なる場面だけでなく、一つの「密」でも感染リスクは高まりますので、外出する際は、混雑する場所や時間は避けてください。
 ・会食・飲食する際は、感染対策が十分講じられたお店で、少人数・短時間で、会話をする際はマスク着用の徹底をお願いします。
 ・飲食店だけでなく、路上や公園、河川敷等においても、集団での飲酒やバーベキューなど、感染リスクの高い行動は自粛してください。

事業者・施設管理者の皆様へ

 ・全ての施設で、業種別の感染拡大予防ガイドラインや、3県知事から地域の特性に応じて個別に依頼している対策もふまえて、実効性のある感染防止対策をお願いします。

ワクチン接種の加速化

 ・市町村による接種券の早期発行や市町村・企業等によるVRSへの迅速な登録を呼びかけるなど、引き続き、3県が連携してワクチン接種の加速化に取り組んでまいります。
 ・SNSなどで科学的根拠に基づかない情報等が広がる事例がみられることから、引き続きワクチンに関する正しい情報が若者・中年層をはじめとした皆様へ、広く届くよう情報発信に取り組んでまいります。

偏見・差別のない社会を

 ・感染者自身のほか、感染者が発生した団体に属する人、医療従事者、県外から帰省された方等に対する差別・偏見、さらにSNSやうわさ話などデマによるいわれのない差別・偏見は絶対に行わない社会にしましょう。
 ・ワクチン接種は、希望者の同意に基づき行われるものであり、職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に対する誹謗中傷、偏見や差別につながる行為は絶対に行わないでください。

2021年7月16日

       愛知県知事 大村 秀章
       岐阜県知事 古田 肇
       三重県知事 鈴木 英敬

愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ(pdf 210KB)

 

新型コロナウイルス感染症 リバウンド阻止に向けた愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ

 県民の皆様、事業者の皆様にご協力いただき、東海3県における新規感染者数は減少傾向にあります。こうした中、愛知県に発令されていた「緊急事態宣言」、岐阜県、三重県に適用されていた「まん延防止等重点措置」はそれぞれ解除されることになりました。しかしながら、愛知県は「まん延防止等重点措置」に移行し、岐阜県、三重県も引き続き独自の対策を講じるなど、決して警戒を緩める状況にはありません。
 現在、最大の感染防止策であるワクチン接種が進んでいます。この「ワクチン接種」と「基本的な感染防止対策の徹底」を両輪として、東海3県が一体となって、新型コロナウイルス感染症のリバウンドを阻止してまいります。引き続き、皆様のご協力をお願いします。

基本的な感染防止対策の徹底

県民の皆様へ

 ・外出は必要性と安全性を慎重に検討し、混雑する場所や時間は避けてください。特に、緊急事態措置区域及びまん延防止等重点措置区域への不要不急の往来自粛をお願いします。
 ・県内の移動についても必要性や安全性について慎重に検討し、混雑する場所や時間は避けてください。出勤についても、可能な限りテレワーク・ローテーション勤務や休暇取得などにより往来の抑制をお願いします。
 ・飲食店だけでなく、路上や公園等においても、集団での飲酒やバーベキューなど、感染リスクの高い行動は自粛してください。
 ・熱中症予防とコロナ対策の両立も視野に、換気の徹底・マスク着用・手洗い・手指消毒、人との距離の確保及び体調の管理など基本的な感染防止対策により「感染しない、させない」を徹底してください。
 ・会食・飲食する際は、感染対策が十分講じられたお店で、少人数・短時間で、会話をする際はマスク着用の徹底をお願いします。

事業者・施設管理者の皆様へ

 ・全ての施設で、業種別の感染拡大予防ガイドラインや、3県知事から地域の特性に応じて 個別に依頼している対策もふまえて、実効性のある感染防止対策をお願いします。

ワクチン接種の推進

 ・高齢者への優先接種はもとより、高齢者接種以降の一般接種の推進を図るため、県境をまたいだ住所地外接種への協力体制の構築を含めて、3県が連携してワクチン接種の加速化に取り組んでまいります。

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮を

 ・感染者自身のほか、感染者が発生した団体に属する人、医療従事者、県外から帰省された方等に対する差別・偏見、さらにSNSやうわさ話などデマによるいわれのない差別・偏見は絶対に行わない社会にしましょう。
 ・ワクチン接種は、希望者の同意に基づき行われるものであり、職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に対する誹謗中傷、偏見や差別につながる行為は絶対に行わないでください。

2021年6月18日

       愛知県知事 大村 秀章
       岐阜県知事 古田 肇
       三重県知事 鈴木 英敬

愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ [PDFファイル/180KB]

 

 

新型コロナウイルス感染症 第4波の抑制に向けた 愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ

 新型コロナウイルス感染症の第4波については、変異株の猛威により感染が拡大し、重症者数の急増、医療提供体制の厳しい状況等が続いています。そのような中、岐阜県・三重県でも5月9日から「まん延防止等重点措置」が適用され、さらに、愛知県では5月12日から「緊急事態宣言」が発令されることとなり、より強い対策に取り組む局面を迎えることとなりました。こうしたことから、大型連休後も引き続き、生活圏・経済圏を一にする東海3県において、感染拡大を抑え込んでいくために、皆様には、さらなる感染防止対策の徹底をお願いします。

県民の皆様へ

〇不要不急の行動の自粛を

 ・生活の維持に必要な場合を除き、県をまたぐ移動は避けてください。

 ・特に、緊急事態措置及びまん延防止等重点措置の対象となっている都府県への不要不急の移動は自粛してください。

 ・生活の維持に必要な場合を除き、日中も含め、外出の自粛をお願いします。

 ・出勤については、可能な限り在宅勤務の活用や休暇取得などにより往来の機会の低減をお願いします。

 ・飲食店だけでなく、路上や公園、河川敷等においても大人数・長時間となるバーベキューを含む飲食は感染リスクが高まるため、自粛をお願いします。

○今一度、基本的な感染防止対策の徹底を

 ・マスク着用・手洗い・手指消毒、人との距離の確保及び体調の管理など基本的な感染 防止対策により「感染しない、させない」を徹底してください。

 ・会食・飲食する際は、同居家族以外は少人数で、会話の際はマスクを着用し、大声を 出さず、短時間・適度な酒量でお願いします。

事業者・施設管理者の皆様へ

○飲食店等に対する要請

 ・各県が指定するエリア内においては、酒類の提供及び持ち込みは行わず、カラオケ設備の利用自粛をお願いします。

○イベントの開催制限等

 ・イベントの開催制限を遵守するとともに、感染防止対策の徹底をお願いします。

 ・参加者に対し、イベント前後も含めた感染防止対策の周知をお願いします。

○業種別ガイドラインの遵守

 ・全ての施設で、業種別の感染拡大予防ガイドラインや、3県知事から地域の特性に応じて個別に依頼している対策もふまえて、実効性のある感染防止対策をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮を 

〇感染者自身のほか、感染者が発生した団体に属する人、医療従事者、県外から帰省され た方等に対する差別・偏見、さらにSNSやうわさ話などデマによるいわれのない差別・ 偏見は絶対に行わない社会にしましょう。 

 

愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ [PDFファイル/179KB]

 

新型コロナウイルス感染症 第4波の抑制に向けた 愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ

 新型コロナウイルスの新規陽性者数は、3月後半から徐々に増加し、すでに、第4波に 入った状況となっています。また、感染力が強く、重症化しやすいと指摘されている変異 株による感染者が増加し、急速に従来株と置き換わりつつあります。東海3県においても、 愛知県では4月20 日から「まん延防止等重点措置」が適用され、また、岐阜県では4月23 日に非常事態宣言を、三重県では4月19 日に緊急警戒宣言をそれぞれ発出し、両県ともに 「まん延防止等重点措置」の指定を受ける方向で連携し、国と事務的な調整を始めるなど、 大変厳しい状況となっています。こうした状況の中、大型連休を迎えるにあたり、第4波 を抑制するため、皆様に感染防止対策の徹底をお願いします。

県民の皆様へ

〇県をまたぐ移動には細心の注意を

 ・大型連休中の不要不急の旅行など、県外への移動の自粛をお願いします。

 ・変異株による感染が増加していることを踏まえ、広域的な感染拡大を防止する観点か ら、県をまたぐ不要不急の移動は、極力控えてください。

 ・特に、緊急事態措置及びまん延防止等重点措置の対象となっている都府県への不要不 急の移動は自粛してください。

○県内での行動でも注意を

 ・人と人との接触機会の抑制を図るため、イベントや集客施設など不特定多数の人が集 まる場に行くことは慎重に検討してください。

○今一度、基本的な感染防止対策の徹底を

 ・マスク着用・手洗い・手指消毒、人との距離の確保及び体調の管理など基本的な感染 防止対策により「感染しない、させない」を徹底してください。

 ・会食・飲食する際は、同居家族以外は少人数で、会話の際はマスクを着用し、大声を 出さず、短時間・適度な酒量でお願いします。

事業者・施設管理者の皆様へ

○イベントの開催制限等

 ・イベントの開催制限を遵守するとともに、感染防止対策の徹底をお願いします。

 ・参加者に対し、イベント前後も含めた感染防止対策の周知をお願いします。

○業種別ガイドラインの遵守

 ・全ての施設で、業種別の感染拡大予防ガイドラインや、3県知事から地域の特性に応 じて個別に依頼している対策もふまえて、実効性のある感染防止対策をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮を 

〇感染者自身のほか、感染者が発生した団体に属する人、医療従事者、県外から帰省され た方等に対する差別・偏見、さらにSNSやうわさ話などデマによるいわれのない差別・ 偏見は絶対に行わない社会にしましょう。 

 

愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ [PDFファイル/179KB]