更新日:2020年3月31日

瑞穂市公共下水道(瑞穂処理区)事業計画

事業計画

 瑞穂市公共下水道(瑞穂処理区)事業計画に関し、下水道法第4条の規定による岐阜県知事との協議を行い、令和2年3月3日に協議を了する旨の通知を受けました。

 

 事業計画図書(pdf 1280KB)

 

事業計画(案)の縦覧について

 瑞穂市公共下水道(瑞穂処理区)事業計画(案)に関し、下水道法施行令第3条の規定により、次のとおり縦覧を行いました。縦覧期間中に提出のあった意見を掲載いたします。

 

 法定縦覧意見(pdf 124KB)

 

 縦覧の期間 令和2年2月4日(火)から令和2年2月17日(月)まで

 縦覧の場所 瑞穂市役所巣南庁舎下水道課

 

瑞穂市公共下水道(瑞穂処理区)都市計画事業

 岐阜都市計画事業(瑞穂市公共下水道事業)が都市計画法第59条第1項の規定により、令和2年3月31日に都市計画事業として認可されました。よって、同法第62条第2項の規定により認可図書を次の場所にて縦覧します。

 

 縦覧の場所 瑞穂市役所環境水道部下水道課

 

 都市計画事業認可申請図書(pdf 1152KB)

 

瑞穂市特定環境保全公共下水道(西処理区)事業計画変更

事業計画変更

 瑞穂市特定環境保全公共下水道(西処理区)事業計画の変更に関し、下水道法第4条の規定により岐阜県知事との協議により、平成29年7月6日変更しました。

 事業計画変更図書(pdf 2084KB)

事業計画変更(案)の縦覧について

 瑞穂市特定環境保全公共下水道(西処理区)事業計画の変更に関し、下水道法施行令第3条の規定により、次のとおり縦覧を行いました。
 なお、当該事業計画変更案について、縦覧期間に意見書の提出はありませんでした。

 縦覧の期間 平成29年6月9日(金)から6月23日(金)まで
 縦覧の場所 瑞穂市役所巣南庁舎下水道課

岐阜都市計画下水道の変更の決定(都市計画決定)

岐阜都市計画下水道の変更の決定

 平成27年4月21日岐阜都市計画下水道の変更(瑞穂市決定)を行いました。

 

 岐阜県公報第2645号(平成27年5月8日)(pdf 27KB) 

 岐阜県公報第2663号 - 縦覧中訂正について(平成27年7月10日)(pdf 51KB) 

 

瑞穂市都市計画審議会

 瑞穂市都市計画審議会の開催結果についてはこちらのページをご覧ください。

岐阜都市計画下水道の変更(案)の縦覧について

 岐阜都市計画下水道の変更に関し、都市計画法第17条第1項の規定により次のとおり案の縦覧を行いました。

 縦覧の期間 平成27年3月2日(月)から3月16日(月)まで
 縦覧の場所 瑞穂市役所巣南庁舎下水道課

 上記により提出されました意見と市の考え方を掲載します。  当意見は、市都市計画審議会に付議しました。(平成27年3月25日)

瑞穂市都市計画公聴会(岐阜都市計画下水道の変更案)

 平成27年1月15日に開催された瑞穂市都市計画公聴会の会議録と市の考え方を掲載します。
 会議録は、公述人の申し出により、平成27年2月18日に訂正しました。

瑞穂市公共下水道全体計画

 下水道全体計画は、汚水処理に係るマスタープランであり、対象地区に係わる計画処理区域の指定や計画フレーム策定をするなど、重要で根幹的な計画として位置づけられます。公共下水道については、基本構想で整備対象とされた区域を対象とし、全体計画・都市計画決定・事業計画認可の手続きを受け、事業実施されます。

 

 計画説明書については以下のpdfファイルをご覧ください。(令和元年8月1日)

 

計画説明書(瑞穂処理区)

 表紙・目次(pdf 504KB)

 第1章 下水道全体計画の概要(pdf 539KB)

 第2章 基礎調査(pdf 3808KB)

 第3章 下水道整備の基本方針(pdf 2151KB)

 第4章 基本事項の検討(pdf 3592KB)

 第5章 根幹施設の配置検討(pdf 4673KB)

 第6章 汚水管渠計画(pdf 462KB)

 第7章 雨水計画(pdf 12716KB)

 第8章 終末処理場計画(pdf 3247KB)

 第9章 財政計画の策定(pdf 5661KB)

 

パブリックコメントの実施結果

 パブリックコメントの実施結果についてはこちらのページ(「瑞穂市公共下水道全体計画」に対するパブリックコメント実施結果」)をご覧ください。(平成26年11月1日)

瑞穂市汚水処理施設整備構想(案)

 平成26年1月30日国土交通省、農林水産省、環境省の3省連名による「持続的な汚水処理システム構築に向けた都道府県構想の見直しについて」の通知が行われ、既存の都道府県構想の見直しが求められている。
 岐阜県では、市町村と連携し平成5年度に「全県域下水道化構想」を策定・公表したが、策定後20年以上が経過し、人口減少などの社会情勢の変化により、当該構想における将来の姿と現状とでかい離が生じている。そのため、国マニュアルの策定及び国通知を契機に「清流の国ぎふ」を将来にわたり守り伝えるため、各種汚水処理施設の効率的な整備を進め汚水処理施設未普及地域の早期解消を図るとともに、効率的な改築・更新及び運営管理手法を構築するため、岐阜県汚水処理施設整備構想(仮称)を策定することとしている。
 各種汚水処理施設の整備においては、市町村が担う役割が大きく、県構想の基となる市町村構想の作成が求められていることから、瑞穂市では「瑞穂市汚水処理施設整備構想(案)」を作成しましたので、次に市構想案の概要説明を掲載します。

 瑞穂市汚水処理施設整備構想(案)(概要説明)(pdf 1428KB)

 

瑞穂市公共下水道の説明会

 瑞穂市の公共下水道事業を進めるに当たり計画の段階から市民のみなさまかたに説明することを目的として平成23年11月から平成24年9月まで、小学校区の単位で「瑞穂市公共下水道等の現状説明会」を24回開催してきました。
 当説明会で使用しましたスライドの資料をPDFファイルで掲載いたしますので、ご参考にお願いします。また、過去の説明会における質疑応答をPDFファイルで掲載いたします。