更新日:2022年4月5日
 肺炎球菌による肺炎は、成人の肺炎の25~40%を占め、特に高齢者での重篤化が問題になっています。予防にはうがいや手洗いが大切ですが、予防接種を受けることで感染予防効果が得られます。

1.接種対象者

 1.65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳のかた

   (年齢基準日:令和5年4月1日)

 ※対象となるかたには、郵送で予診票をお送りします

 2.満60歳以上65歳未満で、心臓・じん臓・呼吸器・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がい(身体障害者手帳1級相当)のあるかた

 注)過去に高齢者肺炎球菌予防接種(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)を受けたことがあるかたは対象となりません。(接種機会は1人1回のみです)

2.接種期間

 令和4年4月1日(金)~令和5年3月31日(金)まで    

 

3.持ち物  

  1. 予診票  問診等記入後、切り離さずに医療機関へお持ちください。 
  2. 自己負担金   2,300円  ※生活保護のかたは無料です

4.実施医療機関 

  2.岐阜県広域化予防接種協力医療機関

 

 ※上記以外の医療機関で接種の場合は、接種を受ける前に健康推進課までご連絡ください

5.注意点

  • この予防接種は義務ではありません。接種を受けるご本人の希望が確認できる場合に限り接種できます。
  • 瑞穂市から転出すると、瑞穂市が実施する高齢者肺炎球菌予防接種は受けることができません。