更新日:2020年4月1日

風しん予防接種費用の助成について(妊娠を希望する女性、風しんの抗体を十分に保有していない妊婦または同居者対象)

 風しんの流行の抑制及び先天性風しん症候群(※)の発生予防のため、成人の風しん予防接種に対する助成を実施します。
(※)妊娠中(特に妊娠初期)の女性が風しんに感染すると、生まれてくる赤ちゃんが白内障や心疾患、難聴などを主な症状とする先天性疾患にかかることがあります。

ご注意

 このページは、妊娠を希望する女性、その配偶者または妊婦の配偶者への助成に関するページです。
 ※昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対する風しんの抗体検査及び予防接種については、こちらをご確認ください。

1.実施期間

令和2年4月1日(水)~令和3年3月31日(水)
※この期間に接種を受けるかたが助成対象となります。過去にさかのぼっての補助は行いません。
 

2.助成対象

 接種日現在で市内に住所を有するかたで、風しんの抗体を十分に保有していないかた(HI法抗体価16倍又は同程度以下)のうち、次のいずれかに該当するかた
  1. 妊娠を希望する女性
  2. 風しんの抗体を十分に保有していない妊婦の夫又は同居者

3.自己負担金

 無料
※「麻しん風しん混合ワクチン」、「風しんワクチン」が対象です。

※風しんの抗体検査費用は助成対象外です。県で実施している「岐阜県風しん抗体委託検査事業」をご確認ください。

4.実施場所

※ワクチンが一時的に不足する恐れがあります。必ず事前に医療機関に確認してから受診してください。
 

5.持ち物            

 助成対象に該当するかどうかを確認するため、次のものをご持参ください。
  1. 免許証もしくは健康保険証
  2. 風しん抗体検査の結果が分かるもの
  3. 妊婦の夫又は同居者は、妊婦の母子健康手帳及び風しん抗体検査の結果が分かるもの
※対象確認が出来ない場合、助成が受けられないことがあります。その場合の接種費用は、全額自己負担となります。
※予診票は指定医療機関に置いてありますので、接種前にご記入ください。

関連リンク