国民文化祭とは・・・

1 正式名称 第39回国民文化祭 第24回全国障害者芸術・文化祭

2 統一名称 「清流の国ぎふ」文化祭2024

3 キャッチフレーズ ともに・つなぐ・みらいへ 〜清流文化の想像〜

   岐阜県のアイデンティティーである「清流」をキーワードに、地域資源やそれを支える県民の取組みを

       国内外へさらに広く発信するとともに、新たな交流を作り出し、アフターコロナ時代における「清流文化」

       を創造していきたいという思いが込められています。

4 基本方針 

  (1)「清流の国岐阜」の文化力を結集・発信・・・地域資源の魅力や世界に認知された「ぎふブランド」を

   国内外に発信

  (2)次世代を見据えた文化芸術の創造・・・コロナ後、文化芸術活動を未来に向け最始動 文化芸術と

   デジタルとの融合

  (3)文化芸術で人が輝く共生社会の実現・・・誰もが多彩な文化芸術に親しみ、一人ひとりが輝く「共生

   社会」の実現

  (4)国民文化の大交流の実現・・・岐阜は日本の中心に位置し、国内外の人が行き交う多彩な文化の大

   交流を実現

5 会期 令和6年10月14日(月・祝)〜11月24日(日) 42日間

6 主催者 文化庁、厚生労働省、岐阜県、岐阜県実行委員会、県内市町村、市町村実行委員会、文化関係

     団体、障がい者関係団体 等

7 国民文化祭:「清流の国ぎふ」文化祭2024 告知コーナー ココロかさなるCCNセンター アトリウム

「清流の国ぎふ」国民文化祭2024 広報ブースミナモと瑞穂市コミュニケーター戸田さん
更新日:2024年7月1日

瑞穂市ではどんなイベントがあるの?

将棋フェスティバルin瑞穂

ここから はじまる みらいへの一手
 「清流の国ぎふ」文化祭2024の開催により、瑞穂市では、「将棋」を核とした大会を実施します。大会では、全国の将棋愛好家への参加を呼びかけ、瑞穂市に一堂に会して対局してもらいます。また、今まで将棋になじみがなかった人たちにも、プロ棋士を中心とした将棋に親しめる様々なイベントを行うことで、興味・関心をもってもらい、将棋を指すことの楽しさに気づいてもらう機会とします。 将棋の持つ魅力を瑞穂市から全国へ大々的に発信していきます。

  • 開催日時 令和6年11月10日(日) 9時00〜16時00
  • 開催場所 ココロかさなるCCNセンター(瑞穂市総合センター)
  • 事業内容 子ども将棋大会、記念将棋大会、多面指し(プロ棋士2人×5面指し)

※将棋大会及び多面指しの参加には申込が必要です。申込受付までしばらくお待ちください。

シンポジウム 脳科学者 茂木健一郎と考える健幸な生活 ~将棋が脳トレに!?~

  • 開催日:11月10日(日)17時00分〜18時30分
  • 開催場所:ココロかさなるCCNセンター サンシャインホール
  • 内容:脳科学者による専門的見地と、プロ棋士の思考から切り込んだトークを展開し、脳の活性化による「健幸な生活」について考えます。
  • 料金:入場料1,000円 

    ※将棋大会に参加された方は無料で入場できます。

    ※参加には申込が必要です。申込方法の公開までしばらくお待ちください

  • 出演者:脳科学者 茂木健一郎さん、プロ棋士数名

瑞穂市文化協会祭

  • 開催日:11月2日(土)・3日(日・祝)
  • 開催場所:ココロかさなるCCNセンター 瑞穂市民センター
  • 事業内容:作品展示発表会 舞台発表 茶道クラブによる呈茶

障がい者文化芸術作品展

  • 開催日:11月2日(土)・3日(日・祝)
  • 開催場所:ココロかさなるCCNセンター 瑞穂市民センター
  • 事業内容:作品展示発表

地域推し活動(ちーオシ)とは・・・