更新日:2020年11月18日

子育て家族支援事業

生涯学習課では、親子がふれあい・楽しめる事業を実施しています。
今年度は、講師に岐阜県内で子育て家族を支えるためにさまざまな遊びや学びの体験活動を展開されている「ぎふ親子ほのぼの推進ネットワーク」を迎え、ツリークライミング体験、腹話術やサイエンスショーなどを以下のとおり行いました。

開催日時

令和2年11月15日(日)午前9時30分から午前11時30分(受付午前9時00分から)

会場

瑞穂市立西小学校 体育館

対象

市内の小学生24人(保護者もいっしょに参加)

募集要項

募集要項

教室当日の様子

今年度は2部構成で開催しました。第1部では、全員で「腹話術」や「サイエンスショー」を観賞しました。

腹話術の様子サイエンスショーの様子

普段あまり見ることのない腹話術ですが、人形の「しょうちゃん」と講師の楽しく小気味の良い掛け合いにより、会場内に笑い声が響き渡りました。サイエンスショーでは、大きな音とともにコップが飛び上がったり、液体の色が一瞬で変わったりと、摩訶不思議な科学実験で「おぉ~」という驚きの声があがっていました。続いて第2部では、「ツリークライミング体験」と「ものづくり・遊び体験コーナー」の2つに分かれて活動しました。

ツリークライミングの様子ものづくり体験の様子

今回の目玉といえる「ツリークライミング体験」は、参加者に小学校低学年が多かったので、上手に登ることができるか不安でしたが、講師の分かりやすい指導により全員が楽しく初めてのツリークライミングを体験できました。また、「ものづくり・遊び体験コーナー」では、親子で触れ合いながら科学工作や昔ながらのコマ廻しなどを楽しめていました。

今後も親子で楽しめる事業を企画していきますので、ぜひお申し込みください。