更新日:2021年8月30日

緊急小口資金等の特例貸付について、総合支援資金の再貸付を終了した世帯等で、一定の要件を満たす生活困窮世帯に対して「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給します。

対象者

緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯(注)で、以下の要件を満たすもの

(注)総合支援資金の再貸付を終了した世帯や、再貸付について不承認とされた世帯(※生活保護受給中の世帯は除きます)

  • 収入要件

  収入が(1)と(2)の合算値を超えないこと(月額)

  (1)市町村民税均等割非課税額の12分の1

  (2)生活保護の住宅扶助基準額

  • 資産要件

  預貯金額が(1)の6倍以下であること(ただし、100万円以下)

 

 (参考)

世帯人数  収入要件 資産要件

1人

107,000円 468,000円
2人 150,000円 690,000円
3人 177,700円 840,000円
4人 212,700円 1,000,000円
  • 求職等の要件

 自立支援金の支給期間中、常用就職に向けて次に掲げる求職活動等を誠実かつ熱心に行こと。ただし、支給期間中に生活保護を申請し、当該申請に係る処分が行われていない間については、この限りではりません。

 (1)毎月1回以上、自立相談支援機関の面接等の支援を受けること

 (2)毎月2回以上、公共職業安定所で職業相談を受けること

 (3)原則週1回以上、求人先への応募を行う又は求人先の面接を受けること

支給額(月額)

 単身世帯:6万円、2人世帯:8万円、3人以上世帯:10万円

 ※住居確保給付金、ひとり親世帯臨時特別給付金、低所得子育て世帯生活支援特別給付金との併給は可能

支給期間

 7月以降の申請月から3か月(申請書受付は11月30日まで)※11月30日まで延長されました

申請方法

 必要事項を記載した新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給申請書(様式第1号)と申請時確認書(様式1号の2)に加え、添付書類を添えて市役所福祉生活課まで郵送または窓口にご提出ください。

 

 (様式第1号)新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給申請書(pdf 85KB)

 (様式第1号の2)新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金申請時確認書(pdf 89KB)

 (様式第1号の3)再貸付不承認・過去借入状況申告書(pdf 71KB)

 添付書類確認チェック表(pdf 137KB)

 申請の手引き(pdf 1003KB) 

 

  •  添付書類

1.本人確認ができるもの(住民票の写し、運転免許証、マイナンバーカードなど)

2.総合支援資金再貸付の借用書の控え、貸付決定通知書の写しまたは不承認通知書

  ※紛失により添付できない場合は、様式第1号の3を提出してください。

3.申請月の収入がわかる書類の写し(世帯全員)

4.申請日における金融機関の通帳の写し(世帯全員)

  ※記帳を済ませてください。

5.公共職業安定所から交付された求職受付票の写し

  ※就労が困難で生活保護申請中の方は添付不要

6.自立支援金を受け取る口座の通帳の写し(金融機関名、支店名、口座名義、口座番号がわかる部分の写し)

 

※住居確保給付金を現在受給しているかたは、住居確保給付金の支給決定通知書を添付することで、上記の1、3、4、5の添付書類を省略できる場合があります。

受付期間

 令和3年7月1日(木)から令和3年11月30日(火)まで

 ※窓口は土日祝日を除く午前8時30分から午後5時15分まで

 ※郵送の場合は、令和3年11月30日(火)消印有効

  (送付先) 〒501-0293 瑞穂市別府1288番地 瑞穂市役所福祉生活課

 

問い合わせ等

 厚生労働省コールセンター

 電話:0120-46-8030 受付時間:9時~17時(平日のみ)

 

 【厚生労働省 特設ホームページ】

 https://corona-support.mhlw.go.jp/shien/index.html