更新日:2019年4月1日

生活保護は、その世帯全員が利用し得る資産、能力その他の法律による給付及び扶養義務者による扶養を優先して活用し、それでもなおかつ生活に困窮するすべての国民に対し、「健康で文化的な最低生活」を保障するとともに、将来自立できるように支援するものです。

  • 資産の活用とは・・・
    所有または利用を容認するに適さない資産は、売却等により処分することで、最低生活の維持のために活用してください。
  • 能力の活用とは・・・
    働くことが可能な方は、その能力に応じて働いてください。
  • 扶養義務者の扶養とは・・・
    親族等から援助を受けることができる場合は、援助を受けてください。

支給される保護費

厚生労働大臣が定める基準で計算される最低生活費と収入を比較して、収入が最低生活費に満たない場合に、最低生活費から収入をひいた差額が保護費として支給されます。

保護の種類

生活扶助 衣食その他日常生活に必要な費用
住宅扶助 家賃、地代などの費用
教育扶助 義務教育に必要な費用
介護扶助 介護を受けるときに必要な費用
医療扶助 入院、通院など医療に必要な費用
出産扶助 出産に伴う費用
生業扶助 技能修得及び就職のために必要な費用
葬祭扶助 葬祭に必要な費用