更新日:2019年4月17日

 この制度は、地震に強い安全な街づくりを目指すために、市内にある木造住宅の耐震改修工事を実施する者に対し、必要な経費の一部を助成するものです。

対象

  1. 瑞穂市建築物等耐震化促進事業の対象となり、現に居住している住宅
  2. この要綱に定める一定の基準を満たす耐震改修工事
  3. 岐阜県木造住宅耐震相談士による設計・監理を実施する耐震改修工事

※岐阜県木造住宅耐震相談士の名簿は、都市開発課で閲覧できます。

※この他にも条件があります。


補助金額

     

    耐震工事費120万円以内 

    耐震工事費120万円超え 

    補助金限度額 

    建物評点1.0以上の補強   対象工事費の61.5%   対象工事費の11.5%+60万円

    101.1万円 

    建物評点0.7以上の補強

     84万円

       注意)消費税は補助金の対象外です。

            1,000円未満の端数は切り捨てとなります。

                  補助金額については、年度により変動することがあります。

    申し込み

    申し込みには、次の書類が必要です。

    1. 耐震改修工事実施計画書
    2. 耐震改修工事前後の耐震結果報告書の写し
    3. 設計者及び工事監理者の資格者証の写し
    4. 耐震改修工事の内容がわかる図面及び工事行程表
    5. 耐震改修工事費の内訳書の写し
    6. 建築物の建築時期、所有者が確認できる書面の写し
    7. 家具の転倒防止対策に関する実施計画説明書(補強後評点が0.7~1.0の場合)
    8. その他

    受付期間

    令和元年5月7日(火曜日)から12月13日(金曜日)(予定)

    手続きの流れ 

     ※市が承諾する前に耐震改修工事を行った場合は、補助対象となりません。

    所得税の特別控除について

     2019年中に、自己の居住の用に供する家屋の住宅耐震改修をした場合、確定申告により、特別控除を受けられる場合があります。

     ※詳しくは、岐阜北税務署(058-262-6131)までお尋ねください。