更新日:2018年5月23日

セーフティネット保証第5号認定について

 この制度は業況の悪化している業種に属する中小企業者を支援するための措置で、認定を受けた中小企業者が信用保証協会による特別保証を受けられる制度です。
 事業者によって、以下の3つの条件(イ-(1)~(3))のいずれに当てはまるかを判断のうえ、それぞれの様式により商工農政観光課窓口に申請書及び必要書類を提出してください。申請書はホームページからダウンロードすることができます。
 指定業種については中小企業庁のホームページをご覧ください。
 中小企業庁ホームページ(セーフティネット保証制度)
 
 
 必要資料一覧(pdf 103KB) 

  【1】イ-(1)

 次の要件を全て満たすこと。

 (1)1つの指定業種のみを行っている、または兼業者で行っている全ての事業が指定業種である。
 (2)最近3ヶ月間の売上高等が、前年同期比マイナス5%以上の中小企業者。


 イー1申請書(pdf 127KB)

【2】イ-(2)

次の要件を全て満たすこと。

(1)兼業者であって、主たる事業(原則1年間の売上高または販売量の最も大きい事業)が指定業種に属すること。
(2)最近3ヶ月間の売上高等が、主たる事業に加え、企業全体の事業についても、前年同期比マイナス5%以上の中小企業者。


イー2申請書(pdf 127KB)

【3】イ-(3)

次の要件を全て満たすこと。

(1)兼業者であって、1つ以上の指定業種(主たる事業かは問わない)を行っていること。
(2)指定業種の最近3ヶ月間の売上高等が、前年同期比で減少していること。
(3)企業全体の最近3ヶ月の前年同期の売上高等に対する、指定業種の売上高等の減少額の割合が5%以上であること。
(4)企業全体の最近3ヶ月の売上高等が、前年同期比マイナス5%以上の中小企業者。


イー3申請書(pdf 130KB)