岐阜女子大学ハンドベル部が図書館分館でコンサートを行いました。
ハンドベルを演奏する7人の部員
 7人の部員がハンドベルを手に取り、「ジングルベル」などのクリスマスソングを演奏しました。美しいハンドベルの演奏に来場者は耳を傾けました。
絵本を読み聞かせる部員の写真
 曲と曲の合間には絵本の読み聞かせや手遊びの時間があり、子どもも大人も一緒になって一足早くクリスマスを楽しみました。
手遊びをする会場の皆さんの写真
投稿日:2018年12月17日 作成者:瑞穂市_管理者
 市内在住の小川翼さんがインターハイの報告に市役所を訪問しました。
市長と談笑する今井翼さん、お父さん、お母さんの写真
 岐阜工業高校に通う小川さんはボクシング競技の選手です。6月のインターハイ東海大会にピン級で出場し優勝、続く8月のインターハイ全国大会では3位となりました。その後10月の国民体育大会にも少年男子ピン級で出場、2位の成績を収めました。市長室に訪れた小川さんは大会のようすを報告したり今後の進路について話したりしました。
市長に報告をする小川さん
投稿日:2018年12月14日 作成者:瑞穂市_管理者
12月9日、総合センターで瑞穂市民吹奏楽団第39回定期演奏会が行われました。
演奏会のようす(遠景写真)
 今回の演奏会では「耳馴染みのある曲」として、大河ドラマ『西郷どん』のテーマ曲や連続テレビ小説『半分、青い。』の主題歌が吹奏楽で演奏されました。
吹奏楽の演奏のようす(近景写真)
 コントラバスやチューバといった普段は見ることが少ない大きな楽器が演奏される様子に、驚く観客の皆さんの姿が見られました。
観客の前で指揮をするようす(指揮者のアップ写真)
投稿日:2018年12月11日 作成者:瑞穂市_管理者
11月25日、図書館本館で雅楽と巫女舞が披露されました。
図書館の畳コーナーに集まった人たちの写真
 この企画は11月1日から29日まで図書館本館2階で行われ企画展「『瑞穂市の宝もの』を楽しみ、未来へ伝える~瑞穂市の指定文化財をとおして~」の関連事業として行われました。
宮田雅楽五音社による演奏
 瑞穂市無形民族文化財「雅楽の五音社」の保持団体「宮田雅楽五音社」の皆さんによる管弦と市内の小学生よる巫女舞が披露されました。
巫女舞のようす
投稿日:2018年12月6日 作成者:瑞穂市_管理者
 広報みずほ12月号でお知らせした通り、小簾紅園に行ってきました。
モミジの赤と常緑樹の対比が美しい写真
 11月28日この日は晴天に恵まれた撮影日和でした。モミジと常緑樹、赤と緑の対比が風景に趣を添えていました。
赤いモミジの葉が地面に落ちている写真
 皆さんも晴れた休日に小簾紅園へ行ってみませんか。小簾紅園については魅力発信サイト「和宮例祭」(https://www.city.mizuho.lg.jp/4852.htm)をご覧ください。
石碑の前の風景写真
投稿日:2018年11月30日 作成者:瑞穂市_管理者