番組の内容は、瑞穂市図書館とNPO法人キッズスクエア瑞穂からのお知らせでした。
図書館からは、4月23日から5月12日の「子どもの読書週間」に行われる特別企画についてのお知らせでした。昨年も大盛況だった「ストーリーテリングおはなしの会」「子どもの本のリサイクルフェア」「つみ木とあそぼう 木に親しもう」「人形劇DEおはなしの会」が今年も開催されます。ご家族で楽しめる内容ですので、皆さんぜひお越しください。※ストーリーテリングとは…絵本や紙芝居などは使わないで声だけでおはなしをすること。5歳以上がおすすめ、とのことです。
またNPO法人キッズスクエア瑞穂は、「ママのための元気アップ講座」の紹介と、中学生の乳幼児保育体験授業の協力募集について話されました。この授業は10年以上前から行われており、当時この授業に参加した中学生が、体験をきっかけに保育士をめざし、見事夢を叶えたという実話も語られました。 もくようみずほ785は、毎週木曜日12時30分より、市役所穂積庁舎さくらスタジオより放送中です。また同日の17時30分より再放送しています。
投稿日:2017年4月24日 作成者:瑞穂市_管理者
3月11日(土)新春学童交流オセロ大会が本田コミュニティセンターで開催されました。
オセロ大会は今年度が初めての開催で、各小校区の代表が集まり、1年生の部、2年生の部、3年生以上の部に分かれて試合が行われ、子ども達は一生懸命に他校の代表とオセロで交流をしました。また、熱中するあまり席を立ってオセロをする子ども達もいました。
各部で3位までに入賞した子ども達には幼児支援課より賞状が授与されました。入賞おめでとうございます!!
投稿日:2017年3月17日 作成者:瑞穂市_管理者
現在、市役所穂積庁舎2階と巣南庁舎1階にて展示中です。 
毎年秋に開催されている瑞穂市文化協会主催の瑞穂市美術展には、市内小中学校のほとんどの児童・生徒が挑戦しています。各校から出展された各学年の代表作品の中から、審査会にて学年ごとに「市展賞」や「市長賞」、「教育長賞」などの賞が決定されます。作品は市民センターにて展示され、多くの来館者にご覧いただきました。
今回、最も優れた作品に贈られる「市展賞」に輝いた作品を、より多くの市民の皆さんにご覧いただき、瑞穂市の子どもたちの素晴らしさを感じてもらいたいという願いから、市役所穂積庁舎と巣南庁舎に展示することとなりました。開催期間は11月30日までです。6月には、穂積庁舎と巣南庁舎で作品を入れ替えます。市役所にお出かけの際は、ぜひ足を止めてじっくりとご鑑賞ください。きっと、個性豊かな才能に引き込まれることでしょう。
投稿日:2017年2月3日 作成者:瑞穂市_管理者
当市出身の俳優・平山浩行さんを起用した瑞穂市PRポスターに、新しいバージョンが追加されました。
今までのスタイリッシュなデザインと一線を画すこのデザインは、瑞穂市の恵まれた自然を彷彿とさせ、明るく爽やかで住みやすいまちのイメージを伝えています。こちらのポスターは、市内の各商業施設などで掲示される予定です。現在、市役所穂積庁舎2階に貼りだしています。ぜひ、お手持ちのカメラやスマートフォン等で、写真に収めてください。
投稿日:2017年1月11日 作成者:瑞穂市_管理者
12月6日、市立の各保育所で餅つきが行われました。
写真は、西保育・教育センターで行われた餅つきのようすです。地域のおじいさん、おばあさんが、朝早くから餅米をアツアツに炊き、餅つきの準備をしてくれました。園児はそわそわしながら、首を長くして出来上がりを待っています。
最後は園児にバトンタッチ。園児自らついて仕上げました。できあがったモチモチのお餅に大興奮。きなことあんこでまぶしたお餅を、みんなでおいしくいただきました。
投稿日:2016年12月20日 作成者:瑞穂市_管理者