更新日:2019年10月4日

指定給水装置工事事業者制度に指定の更新制度導入について

 水道法の一部が改正されたことに伴い、2019年(令和元年)10月1日から指定給水装置工事事業者制度に指定の更新制度が導入されます。
 この改正により、指定の有効期間が従来の無制限から5年間となり、その都度、指定の更新を受けなければ、その効力を失うことになります。なお、既に指定を受けている事業者の皆様には、政令により指定を受けた時期によって経過措置が設けられます。
 瑞穂市における更新の手続きは、今年度10月以降に各指定給水装置工事事業者宛に郵送にて初回の更新期間のお知らせを通知いたします。

指定に関する各種変更手続きについて

 指定に関する変更が漏れていると、更新できない場合があります。事前に変更手続きをお願いします。
 各種変更届の提出は、変更年月日から30日以内となっています。変更の届出をしない場合、指定を取り消す場合があります。各種変更届の提出漏れに御注意ください。

指定給水装置工事事業者のみなさまへ「指定の更新制度導入のお知らせ」(pdf 174KB)