更新日:2014年3月24日

 

牛牧北部防災コミュニティセンターは、非常時における避難所・防災備蓄機能を持たせた拠点施設として設置されました。
地震など非常時には現地対策本部・避難所として機能し、普段は地域のみなさんの防災研修・訓練や、ふれあいと交流の場としても幅広くご利用いただけます。

利用時間

午前9時~午後9時30分

休館日

12月29日~翌年1月3日

所在地

瑞穂市十九条413番地1

施設内容

集会室、調理室、会議室、研修室、雨天訓練場

電話番号

058-329-0147

FAX

058-329-0148
牛牧北部防災コミュニティセンター 外観の画像
牛牧北部防災コミュニティセンター 外観
詳しい地図はこちら(県域統合型 GIS ぎふホームページへ移動します) 

集会室

ステージ・照明・音響設備を備えた集会室はさまざまな利用が可能です。
午前
9時30分~12時30分まで
午後
13時~17時まで 
夜間
18時~21時30分まで
全日
集会室

3,300円

3,700円 

5,600円

12,600円 

 

調理室

非常時の炊き出しなどが実施できます。   
午前
9時~12時30分まで
午後
13時~17時まで 
夜間
18時~21時30分まで
全日
調理室

1,000円

1,200円

1,700円 

3,900円

 

会議室・展示室

会議室・展示室も可動間仕切りによって2室に分割できます。
午前
9時~12時30分まで
午後
13時~17時まで
夜間
18時~21時30分まで
全日
会議室・展示室

2,000円

2,300円 

3,500円 

7,800円 

 

研修室

20畳の広さの研修室は、畳の感触と障子越しの光がやすらぎを与えてくれます。ふすまにより2室に分割できます。 

午前
9時~12時30分まで
午後
13時~17時まで
夜間
18時~21時30分まで
全日
研修室

1,000円

1,200円 

1,800円 

4,000円 

雨天訓練場
人工芝と砂を敷きつめた雨天訓練場は22m×30mの広さです。

午前
9時~12時30分まで 
 午後
13時~17時まで
夜間
18時~21時30分まで
全日
雨天訓練場

1,000円

1,200円 

1,800円 

4,000円 

利用者が商い行為のため利用する場合は、使用料に次の割合を乗じて得た額を加算します。
  1. 入場料等が3,000円以下の場合  100分の50
  2. 入場料等が3,000円を超える場合 100分の100
※市条例改正により平成24年10月1日より使用料を変更しました。
 

その他

非常時の情報収集・発信基地となり、電源も自家発電装置によって確保された事務室・情報連絡室や、可動間仕切りによって2室に分割できる現地対策本部(サブ指令センター)があります。普段はなかよしルームとして利用いただけます。 また、瑞穂市消防団第3分団詰所や耐震性地下貯水槽があります。
なかよしルーム
10時~17時は団体利用はできませんが、4歳未満のお子さんと個人で楽しむ部屋になっています。
※平成25年11月より、なかよしルーム内で授乳ができるようになりました。 


お問い合わせ

  • 牛牧北部防災コミュニティセンター  電話:058-329-0147