更新日:2024年6月17日

1 目的 国民文化祭に向け、各地域において住民参加による、ふるさとの文化資源の再発見につながる

   活動を展開し、機運を醸成する。当該取組みを通じ、文化祭後も様々な形で地域の交流や地域に根

   差したコミュニティづくりが継続していくことを目指す。

2 概要 各市町村の象徴的な「文化」をモチーフにした、オブジェ(和紙・竹ベース)を住民協働を主導す

   る人材(コミュニケーター)がコアメンバーとなって各地でプロジェクトを推進

                瑞穂市コミュニケーター 戸田一文さん

瑞穂市コミュニケーター戸田さん

3 ふるさとの文化(=推し)の決定 みずほ人と道

  みずほ人と道・・・このテーマにあったオブジェを令和6年度春から製作します。 

         オブジェのことを「ちーオシスタチュー」と呼びます。

         日比野克彦プロデューサーがデザイン画を作成!!

  ちーオシスタチューの製作状況がYouTubeで公開されています。

   竹組の模様(11月18日実施:約14分動画) https://youtu.be/2YNuUe3BsU0

   色塗り、電球取付、和紙貼り(12月8日、12日実施:約12分動画)  https://youtu.be/je9VZHImRkw

ちーオシスタチュー

 【コミュニケーターさんがワークショップで作成したちーオシスタチュー:岐阜県の山と川を表現】
更新日:2024年6月17日

ちーオシスタチューを作ろう!

  • 開催日時 令和6年6月23日(日) 9時から12時まで
  • 開催場所 瑞穂市巣南公民館ふれあいホール(瑞穂市宮田300番地2)

どうやって作るの?

ねぶたの山車はご存じですか?竹組みで形を作り、和紙に色を塗り、中にLED電球を入れて、和紙を貼って作っていきます。
これから 5月・6月・7月の第4日曜日に巣南公民館で開催します。
巣南中学校の美術部の生徒さんにも部活動の時間で参加していただいています。

前回までの竹組み巣南中学校美術部 和紙の色塗り作業

       ↑前回までの竹組みの様子          ↑巣南中学校美術部による和紙の色塗り

主催

文化庁、厚生労働省、岐阜県、岐阜県実行委員会、瑞穂市、瑞穂市実行委員会、日本将棋連盟岐阜県支部連合会、瑞穂市文化協会、瑞穂市社会福祉協議会、障がい者関係団体

6月23日ちーオシスタチュー募集(pdf 467KB)