更新日:2022年1月21日

瑞穂市「第6波」非常事態宣言

 全国で新型コロナウイルス感染症が急拡大し、「第6波」の状況にあります。
 瑞穂市におきましても1月4日から連日のように感染者が確認され、1月18日以降は若い世代を中心にこれまでにないスピードで急増しています。
 このまま感染が拡大しますと、医療体制がひっ迫するだけではなく、社会や経済がスタッフ不足などにより維持することが困難となることが考えられます。
 以上の状況から、瑞穂市独自の「瑞穂市『第6 波』非常事態宣言」を発出します。
 市民の皆さまにおかれましては、ご自身や大切なご家族の生命や暮らしを守るため、そして社会・経済を守るため、一人一人がこれまで以上に強い自覚のもと、感染防止対策に努めていただきますようお願いいたします。

 

  令和4年1月21日

                   瑞穂市長 森 和之

 

期間

令和4年1月21日(金)~(まん延防止等重点措置期間)

 

市民の皆さまへ

・マスク着用・手指消毒・3密回避・こまめな換気を徹底してください。
・混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出は極力自粛を!
・普段の体調管理と体調不良時は全ての行動をストップしてください。
・多人数・長時間での会食を回避してください。
・普段会わない人との会食、飲酒を伴う懇親会等の回避を!

 

飲食店の皆さまへ

・営業は5時から20時までの時間でお願いします。

・酒類は終日提供しないでください。

 

事業者の皆さまへ

・テレワークや時差出勤を推進してください。
・体調不良者が出た場合に備えて事業所内のBCP(事業継続計画)の策定などを進めてください。
・体調不良時や家族の感染疑いなどでの休みやすい環境づくりに配慮してください。

 

瑞穂市の対応

1 医師会との連携のもと、ワクチンの追加接種(3回目接種)を前倒しで実施
(1)供給されるワクチンの有効的な配分
(2)ワクチン追加接種の前倒しによる円滑な実施
・医療従事者、介護施設入所者・従事者 1月より実施中
・接種券を早期に発送し、初回接種(1・2回目)完了日により、追加接種(3回目)を2月から順
次実施
2 市有施設の夜間休館の実施(19時45分以降の休館)
さらに、学校生活への影響を鑑み、高校生以下の方は全ての時間帯の利用中止
3 学校や保育所、市有施設などにおける感染防止対策の強化
4 市のBCP(事業継続計画)の確認・徹底

 

瑞穂市「第6波」非常事態宣言について(pdf 166KB)