更新日:2019年3月8日
平成31年2月26日(火)
瑞穂市消防団女性消防班が、市立牛牧第二保育所にお伺いし、防火啓発活動を行いました。

今回で、今年度最後の防火啓発活動となりました。また市内でも児童数が最多数の保育所ということで、女性消防団員も気合が入りました。

防火啓発活動では、「消防クイズ」と「ぼうさいダック」を行って、火災を防ぐためにはどうしたらいいのか、火災が起きてしまったときはどうしたらいいのか、など幼児向けにわかりやすくお伝えしています。

2


「消防クイズ」は、いつも子どもたちが元気よく大きな声で回答してくれます。
活動を開始して2年が経ち、女性団員もアドリブを交えるなど子供たちへの対応力が向上している様子です。
1 3

「ぼうさいダック」は、体を動かすので、子どもたちに人気があるようです。
子どもたちの楽しそうな声が団員の癒しとなっています。

4 5

動物のポーズを覚えるのが難しいかもしれない、「台風」や「洪水」についてどのような言葉を使って説明したらよいのか、など活動当初から試行錯誤を繰り返し、ようやく子どもたちから相槌が聞こえるようになりました。



平成31年度からは新たに3名の女性団員が加わり、活動をパワーアップさせていきます。なお、女性団員の募集は随時行っていますので、興味を持たれた方はぜひ市民共同安全課までご連絡ください!