更新日:2018年3月31日
平成29年7月21日(金) 
瑞穂市消防団 女性消防班(5名)が、2回目となる幼児向け防火啓発活動を実施しました。
今回は、穂積保育所にお伺いし、年長さん28名といっしょに紙芝居と防災ゲームを行いました。

女性消防班1
女性消防班2

紙芝居(「みんなでひなんくんれん」)は、動物たちが初めて避難訓練をすることなり、何に気を付けたらよいのか、みんなで考えながら訓練を行う内容となっています。
紙芝居が終わった後に、女性団員から「おはしもは、しっているかな?」と問いかけると、園児たちは声をそろえて答えてくれました。

女性消防班3
女性消防班4


また、「ぼうさいダック」(災害の種類ごとに、避難する際に注意することなどを動物のポーズで表現するゲーム)では、元気よく大きな声を出して楽しんでもらえました。
ゲームが終わると、園児たちから楽しかったと声をかけてもらい、女性消防班も子供たちの笑顔に、緊張がほぐれた様子でした。

女性消防班5
女性消防班6

今年度は順次、市内の保育所へ訪問し活動を行う予定です。
今後も、女性消防班の活動にご注目ください。


☆団員募集中☆
 女性消防班では、現在、いっしょに活動していただける方を募集しています。
 防火啓発活動の他にも、ふれあいフェスタでの啓発品配布や、式典・各種訓練へも参加しています。
 知識・経験などは必要としませんので、活動に興味を持たれた方は、ぜひ市役所市民協働安全課までお問い合わせください。