更新日:2021年8月23日
新型コロナウイルスワクチンの接種は、原則、住民票所在地の市町村で接種を行います。 しかし、やむを得ない事情があり住民票所在地で接種を受けることができない場合は、住民票所在地以外で接種を受けることができます。

やむを得ない事情の例

  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • 里帰り出産により帰省中の妊産婦
  • 入院、入所者
  • 基礎疾患があり、主治医の下で接種する必要があるかた
  • 災害の被害にあったかた
  • 勾留または留置されているかた、受刑者
  • その他市長がやむを得ない事情があると認めるかた
  • 住所地外接種者であって、市に対して申請を行うことが困難なかた
  • その他やむを得ない事情があり住民票所在地外に居住しているかた(なお、当該対象者は、接種を受ける時点において、現にその状態にある人に限ります。)

 

上記のうち、接種を受ける際に医師に申告を行うなどにより、申請を省略することができる例

  • 入院、入所者
  • 基礎疾患があり、主治医の下で接種する必要があるかた
  • 災害の被害にあったかた
  • 勾留または留置されているかた、受刑者
  • その他市長がやむを得ない事情があると認めるかた
  • 住所地外接種者であって、市に対して申請を行うことが困難なかた

※「やむを得ない事情」のうち以下の理由に該当するかたは、接種の際に「住所地外接種届出済証」が必要です。

   接種前に、必ず住所地外接種の届出をしてください。

事前に申請が必要なかた

  • 単身赴任者 
  • 遠隔地へ下宿している学生 
  • 里帰り出産により帰省中の妊産婦
  • その他やむを得ない事情があり住民票所在地外に居住しているかた

申請方法

  1. 郵送申請
    住所地外接種届(pdf 383KB)※」に必要事項を記入し、「接種券の写し」を添付のうえ、瑞穂市役所健康推進課へ郵送してください。  
  2. 窓口申請
    瑞穂市役所健康推進課にて「住所地外接種届(pdf 383KB)」を記載し、「接種券(原本または写し)」とともに提出してください。
  3. WEB申請                                                「コロナワクチンナビ」の専用ページより、必要な情報を入力のうえ申請してください。

 

申請後の流れ

郵送申請・窓口申請の場合

市が記載内容を確認のうえ、問題がなければ「住所地外接種届出済証」を交付します(届出に記載された「送付先住所」へ郵送します)

WEB申請の場合

市が記載内容を確認のうえ、問題がなければ、WEB上で申請を受け付けます。
コロナワクチンナビで「住所地外接種届出済証」のページが表示されますので、画面を印刷、もしくは画面キャプチャーを保存してください。

「住所地外接種届出済証」交付後の流れ

(1)予防接種の予約をしてください(住所地外接種の届出が完了していることを窓口でお伝えください。)

(2)接種会場にて「接種券」「予診票」および「住所地外接種届出済証」を提示してください
(3)「接種券」「住所地外接種届出済証」は2回目の接種でも使用するため、大切に保管してください。

※コロナワクチンナビから申請されたかたで、集団接種をご希望のかたは、済証の交付後に瑞穂市コロナワクチンコールセンター(058-201-0338)までご連絡ください。集団接種のご予約のために必要な手続きを行います。

予約方法について詳しくは予約方法について(市ホームページ)をご参照ください