マンポの写真
瑞穂市のマンボ探検(7)身近な生活とマンボ
 今回は、朝日大学経営学部ビジネス企画学科3年畦地ゼミの仲西と松尾が連名でお届けいたします。
 私たちは、瑞穂市内のマンボを端から端まで調べました。数え間違いがなければ、人が通れるマンボは瑞穂市内に8ヶ所あります。地図上では10ヶ所以上あるように見えるのですが、入っていけないところや水路のみのところが存在します。
 多くのマンボは高さが2mも幅も2m未満です。自転車を降りて押して通ったり、大きい人だと少し頭上に気をつけなければならないということになります。明治時代の技術だと(そして東海道線の土盛りの高さが5mであることを考えると)このくらいのサイズにするのが限界だったということでしょうか。
 今回の写真は只越の「三の町橋りょう」で、やや大きめのマンボです。ここは、水路を暗渠にすることなく、道路と並べて通すだけの広さがあります。スーパーや衣料品店・酒販店などのある地区と、穂積中学校前の道路をつなぐショートカットとして利用している人も多いのではないでしょうか。一方で、ここは軽自動車が本当にギリギリでしか通れない幅です。元々は自動車が通ることを想定していないことや、知る人ぞ知る抜け道になっていることを考えると、このままで良いのでしょう。むしろ、無理に道幅を広げずに、水路と共用で使っているところに歴史を感じます。
もう一つ、私たちが「秘境のマンボ」と呼んでいる場所があります。それは駅の北口から線路沿いにどんどん東に進み、舗装がなくなった草地をさらに進んだところにあるマンボ「三の町下水橋りょう」です(写真は来週掲載します)。このマンボは名前が「下水」なのですが、特に汚い水が流れているようには見えません。基本的には水路用としてのみ整備されているようなのですが、実は人が通れます。ただし、本当に通って良いのかどうか…畦地先生が「通れる」と言い出して、ゼミ生は先輩も含めて何人かが通っています。でも、南に抜けたところは金網の柵があり、その向こう側は明らかに畑と住宅で、道路に抜けることができません。水路は金網の向こう側に出ているため、水がどちら側からどこまでどのように抜けているかも分かりません。恐らく、農業用水の余りが長良川方面に出ていくという意味での「下水」なのでしょう。民家の裏側に出てしまうということもあり、また足下も悪いため、あまり積極的に近づいてはいけない場所なのかもしれません。そういう意味で「秘境」と呼んでいます。
ちなみにPR動画でダンスしているマンボは、瑞穂市図書館本館から程近い「雁ヶ坪橋りょう」(のはず)です。こちらは普通の通路になっていますので、「聖地巡礼」に是非どうぞ(みずほバス「馬場十七条線」「十九条古橋線」稲里バス停から徒歩3分)。
その他の市内のマンボも、私たちが調べた限りでは全て現役でした。「秘境のマンボ」も含め、水路用のマンボも塞がれることなく役に立っています。もしかすると「現役のマンボだけが残った」という生存バイアスが働いているのかもしれませんが、町の重要な歴史の一部であることには変わらないと思います。
(朝日大学経営学部ビジネス企画学科3年 仲西祥真・松尾沙希)
撮影場所:瑞穂市只越