更新日:2018年11月9日

瑞穂市では、行政改革の一環として「補助金等の交付に関する指針」を策定し、補助金等の見直しに取組んでいます。

取組みの経緯

補助金等の適正化については、第二次瑞穂市行政改革大綱において、効果的な支出のあり方の検討・見直しが求められており、平成22年度に「瑞穂市補助金適正化基本方針」、平成24年度には大幅に内容を見直した「瑞穂市補助金等の交付に関する指針」を作成し、適正化を行いました。
指針策定から約5年が経過したことから、平成29年に改定をし、さらなる見直しを行いました。補助金交付要綱を整備し交付に関するルールの明確化を行い、さらには交付申請や実績報告の書類審査の徹底、交付による効果や必要性・妥当性の再協議等によって、市民の理解を得られるよう適正かつ透明性の高い補助金等の執行を行っていきます。

補助金等の交付に関する指針

 補助金、負担金チェックシート