見学する学生らの写真
あまり知らない施設に行こう(4) アクアパーク別府水処理センター
こんにちは、朝日大学経営学部畦地ゼミの吉田と佐藤です。今回は、畦地ゼミ全員で取材に行ってきた「アクアパーク別府水処理センター」について記事を書きたいと思います。
 最初に下水処理場と聞くと何を思い浮かべますか?私は汚水が流れてきて、それを綺麗にするだけだと思っていました。しかし、実際にはその他にも色々なことをやっていて驚きました。下水処理は薬品を使っているイメージがありましたが、主に微生物を使って水を綺麗にしているとのことで、環境にも配慮している点があり非常に感心しました。最終的に分解された汚物が溜まった泥は最後の工程で乾燥させ、それを肥料として造っているというものです。汚水を綺麗な水にするという工程の中で新しい物が生まれるというのは素晴らしいことだと思いました。
 正直、下水には全く関心がなく、予備知識のないところで見学・取材を行いました。なんとなく汚い・臭いというイメージがあったのですが、実際にはそんなことはありませんでした。多くのところは配管が密閉されており、わざわざふたを開けて見せていただいた処理する前の汚水も、臭いというよりは、どちらかというと洗剤の匂いを強く感じるものでした。最後の汚泥乾燥の機械のところだけは匂いがしましたが、それも汚物というよりは焦げ臭い方が先に来るものでした。
 センターの方たちは、大変親切に解説していただき、様々なものを見学させてくださいました。途中で何回かクイズを出して興味が絶えないようにしてくださいましたが、畦地先生が何問も間違えていたのが印象的でした。上にも書きましたが、汚水を分解する微生物を顕微鏡で見たり、ティッシュペーパーなど水に溶けないものを除去する装置を見られたのが印象的でした。何でもトイレに流す人がいるそうなので、気をつけなければならないと思いました。
 瑞穂市下水道課では、施設見学を喜んで受け入れているということです。詳しくは瑞穂市ホームページ(http://www.city.mizuho.lg.jp/3563.htm)をご覧ください。「施設見学依頼書」を提出して日程調整をすれば(今回は白木くんがやってくれました)、誰でも見学可能とのことです。瑞穂市内の小学校の見学が多いらしいのですが、地元の安江くんは初めて来たと言っていました。そういう意味で「開放されているのに、あまり知られていない施設」という、この連載のテーマに合った場所だったのではないかと思います。これからも瑞穂市の施設を見学していき、良い記事を届けられるように頑張っていきます。
令和元年12月11日更新
(朝日大学経営学部2年・吉田晏生・佐藤譲士郎)
撮影場所:アクアパーク別府水処理センター
撮影日:11月