更新日:2019年8月15日
令和元年8月10日(土)
瑞穂市少年少女消防クラブ主催による消防署体験会を、瑞穂消防署において開催しました。

1 2
 消防署体験会は、普段はなかなか立ち入る機会のない消防署を会場として、消防車両や消防機材などを見学し、また消防職員の業務に触れてもらうことで将来の消防士の担い手育成、防火思想の普及啓発などを目的として、毎年夏休み中に行っています。
 市内の小学校に通学する小学3年生~6年生までを対象として参加募集を行い、当日は保護者も含め98名の方が参加しました。

 体験会では、参加者を5つのグループに分けて
 (1)放水体験
 (2)ロープ渡り体験
 (3)防火衣・呼吸器着装体験
 (4)煙体験、消防車との綱引き
 (5)地震体験車
 の5ブースをローテーションしながら体験していただきました。

3 4
5 6
7 8

 最後にはしご車を使用した救出訓練を見学させていただきました。
 隊員の方々のきびきびとした動きや、大きなはしごが動く様子に参加者からは大きな拍手が送られました。