マンポを前にした学生たちの写真
千里の道もマンポから(2) 駅東の大マンポ(一の町架道橋)
 なぜかトップバッターになった朝日大学2年畦地ゼミの白木です。私の文が載ることに緊張しています。写真を撮るときに、油断して横を向いてしまいました。(大塚くんは後ろを向いて写真を撮っています)
 私の担当は駅の東側にある大きなマンポ「一の町架道橋」です。一の町架道橋はJR穂積駅の真下にある1台の車が余裕を持って通れる程のマンポです。交通量も多く、穂積駅周辺の人達には欠かせないトンネルになっています。しかし、車には便利ですが、歩行者にとっては歩道が狭く、車の通行に気を付けて通らないといけない点や、穂積駅の北の商店街からカーブになっているため通行してくる車が見えない点で歩行者が通りづらい道路でした。
このマンポの特徴として、駅が改修されたり、大きくなるにつれて、マンポの上に鉄橋で補強されていることが挙げられます。畦地先生の解説では、写真の虹の赤いところまでが明治時代の土盛りで、その上に鉄橋やコンクリートで補強がしてあり、現在の駅のホームが乗っているのではないかということです。通学で使うこともあり、ホームが1本なのに並行する線路がやたらと多いことは気づいていましたが、昔は貨物駅があったり、石油施設や砂利採掘場への引き込み線があったとも聞きました。そうして駅が大きくなるにつれ、昔のマンポの幅や強度では間に合わなくなったのではないかということです。
 また、水路が地下に通っていないのもこのマンポの1番の特徴でもあります。商店街をつなぐ通路や、駅の入り口として使われていたとはいえ、他のマンポにあるものがないという所も不思議だと思いました。
令和元年6月12日更新
(朝日大学経営学部2年・白木亮輔)
総合政策課の注釈
マンポの位置については瑞穂市公式サイト「瑞穂市内のマンポ」(https://www.city.mizuho.lg.jp/9237.htm)をご覧ください。今回白木さんが紹介のマンポは「一の町架道橋(穂積駅)」です。
撮影場所:穂積駅東(一の町架道橋)