巣南庁舎南の長護寺川でカモを見ることができます。
長護寺川のようす
 巣南庁舎から西部複合センターへと向かうと長護寺川にかかる橋があります。その橋から、カモたちが川辺で休んでいるようすを撮影しました。
川辺で休むカモたちの写真
 水中ではコイが泳いでいました。
水中を涼しげに泳ぐコイの写真
投稿日:2019年9月19日 作成者:瑞穂市_管理者
8月に市職員のドローン研修を行いました。
ドローンの座学を受講する職員の写真
 8月初頭に座学でドローンの仕組みや関係法令などを学んだ職員は、この日実際にドローンの機体を操作しました。講師は県から市の政策企画監として派遣されている巣之内亮氏で、数年前から業務等でドローンを活用しています。今回のドローン研修も、防災・災害発生時等の被災状況把握、インフラ状況把握や固定資産税調査、インターネット等を利用して市の魅力発信等、業務に合わせドローンを操縦できることが目的です。
ドローンの構造を説明する政策企画監の写真
 研修を受講した職員は「座学で操作方法は分かったつもりになっていましたが、実際に動かしてみると円滑に操縦することは難しいですね。きれいな写真や映像をドローンで撮れるよう練習を重ねていきたいです。」を感想を語りました。
ドローンを操縦する職員の写真
投稿日:2019年9月11日 作成者:瑞穂市_管理者
岐阜県少年消防クラブ運営指導協議会主催のリーダー研修会が開催されました。
消防車の前で放水のポーズをとる写真
毎年夏休みの時期に開催されるこの研修会には、岐阜県内の少年消防クラブが参加するもので、瑞穂市少年少女消防クラブのクラブ員5名も参加しました。岐阜県消防学校を会場として、車両見学や放水体験、濃煙迷路、はしご車体験乗車など1日かけて様々な体験をしました。
放水訓練をする写真
参加したクラブ員たちからは、「濃煙迷路で迷子になりそうだったけど、壁をつたってゴールすることができてよかった。」「はしご車に乗れて、楽しかった。天井の柱に触ることができた。」との感想がありました。
はしご車の写真
投稿日:2019年9月9日 作成者:瑞穂市_管理者
8月18日(日)、みずほ平和の祈り2019が開催されました。
公演のようす2
今年は岐阜空襲を舞台にした劇団はぐるまによる「夜空の下に降る花は」の公演を行いました。舞台クライマックスの空襲シーンでは、市内の小・中学生11名が逃げ惑う子どもたちを演じました。
公演終了後の花束を渡す写真
公演終了後には劇団員と小・中学生との交流会が行われ、参加した子どもたちからは、「緊張したけど楽しかった。」「空襲シーンはとても怖かったけど参加してよかった。」との感想がありました。
劇団員と小中学生の写真
投稿日:2019年8月19日 作成者:瑞穂市_管理者
8月18日(日)、「みずほ平和の祈り2019」が総合センターで開催されます。
衣装合わせをする様子
今年は劇団はぐるまによる、岐阜空襲を舞台にした「夜空の下に降る花は」を上演します。劇中には、市内の小・中学生11名がゲスト出演します。
衣装合わせをするこどもたち
8月10日(土)、11日(日)には、衣装合わせが行われました。参加する子どもたちは、劇団が用意した衣装に緊張した面持ちで袖を通していました。本番は、8月18日(日)開場12時45分、開演13時15分。場所は総合センターサンシャインホールです。入場無料、予約は不要です。是非会場までお越しください。
投稿日:2019年8月15日 作成者:瑞穂市_管理者