更新日:2016年4月28日

瑞穂市災害支援対策本部の設置

 瑞穂市では、「平成28年熊本地震」で被災された自治体等への支援を行うため災害対策支援本部を4月19日に設置しました。

瑞穂市による支援状況(平成28年4月25日現在)

〇住居の提供
  市内の市営住宅を検討しています。

〇救援物資の提供
 ・上水道課では、給水袋(3,000袋)を準備しています。
 ・総務課では、要請があり次第、飲料水等の提供を準備しています。
 ・現在のところ、市民の皆様からの救援物資の受け付けは行っておりません。

〇現地派遣
 ・健康推進課では、保健師2名を期間をずらして、熊本県山都町へ派遣します。
  1人は、5月9日から6日間の派遣が決定しています。
 

義援金

〇日本赤十字社
  市役所の穂積庁舎、巣南庁舎にて、募金箱の設置を行ないました。
  (穂積庁舎は第1庁舎2階ロビー、巣南庁舎は1階正面ロビーに設置してあります。

〇共同募金
  瑞穂市総合センター内に瑞穂市社会福祉協議会により募金箱が設置されました。
  (エレベーター正面、社会福祉協議会事務局内に設置してあります。)