更新日:2011年2月28日
瑞穂市では乳幼児の健康福祉増進のため、中学校卒業まで(15歳到達の年度末まで)のお子様の医療費を助成しています。

乳幼児等医療費受給者証って?

 お子様が医療機関等を受診された際、健康保険証と一緒に提示すると窓口負担分(保険診療対象分)が無料となる医療証です。ただし、県外の医療機関等を受 診された場合は、一旦医療機関にて窓口負担分をお支払いいただき、市役所にて領収証・印鑑・振込先通帳・健康保険証・福祉医療費受給者証をお持ちの上、償 還払いの請求をしてください。(ただし、高額療養費・家族給付附加金が発生した場合は、対象金額から差し引いた残りの支給となります。)

対象

 瑞穂市在住の中学校卒業までのお子様を受給資格者としていますが、お子様がいずれかの健康保険に加入していることが条件となります。 なお、所得制限はありません。

受給者証の有効期限

始まり: 出生・転入日から。ただし、認定月が出生・転入月と異なる場合(認定した日が出生・転入後30日以内である場合を除く)は認定月の初日
終わり: 中学校卒業まで

受給者証発行の手続きは?

 出生・転入日から、30日以内にお子様の健康保険証と印鑑をお持ちの上、手続きしてください。

お問い合わせ

  • 医療保険課(穂積庁舎)  電話:058-327-4159
  • 市民窓口課(巣南庁舎)  電話:058-327-2100