更新日:2017年4月20日

 平成28年の台風10号による高齢者施設における被害などを踏まえ、内閣府により「避難準備情報」は「避難準備・高齢者等避難開始」に、「避難指示」は「避難指示(緊急)」に名称変更されました。これらの情報が発表された場合は、災害により危険が迫っていますので、適切な避難行動をとってください。

避難準備・高齢者等避難開始

  災害の危険が迫り、避難勧告や避難指示(緊急)が発表されることも予想される場合に発表します。いつでも避難ができるよう準備を促すものです。
 避難に時間のかかる高齢者の方などは避難を開始する段階です。


避難勧告

 災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性がある段階です。安全のため、早めの避難を呼びかけるために発表します。指定された避難場所へ避難をしてください。


避難指示(緊急)

 災害により被害が発生するなど、人的被害が発生する可能性が著しく高まった段階です。避難行動をとっていない場合は、直ちに避難行動をとってください。



○屋内退避・垂直避難について
 風水害時には、状況によっては、指定緊急避難所への立ち退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねない場合もあります。
 周囲の状況から、避難場所へ移動するほうが危険と考えられる場合は、必要に応じ、近隣の安全な場所への避難や、屋内退避・垂直避難などにより、身を守りましょう。